スポンサーサイト

  • 2016.05.13 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違い

薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違いを紹介します。

薬膳インストラクターと薬膳マイスターはどちらも薬膳の民間資格ですが資格認定の団体が違います。

薬膳の民間資格は、調理師や栄養士のように「食」仕事で必要な公的資格ではありません。

薬膳インストラクターと薬膳マイスターは、薬膳の知識とノウハウを習得していることを証明する資格になります。

一般社団法人・日本能力開発推進協会が認定する資格が薬膳インストラクターです。

一般社団法人・国際薬膳食育学会が認定する資格が薬膳マイスターです。

薬膳インストラクター資格を取得するには、一般社団法人・日本能力開発推進協会認定の技能審査に合格する必要があります。

薬膳マイスター資格を取得するには、「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座の各課題と修了課題をクリアして講座を修了する必要があります。

日本能力開発推進協会認定の技能審査に合格すれば薬膳インストラクターの認定資格を取得できます。

「がくぶん」の通信教育講座を修了すれば一般社団法人・国際薬膳食育学会から薬膳マイスターとして認定されます。

次に、薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違いについて概要を紹介します。

1)薬膳の民間資格

薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違いは資格認定の一般社団法人になります。

薬膳インストラクターの資格認定団体は一般社団法人・日本能力開発推進協会です。

薬膳マイスターの資格認定団体は一般社団法人・国際薬膳食育学会です。

一般社団法人・日本能力開発推進協会にある認定資格は薬膳インストラクターだけです。

一般社団法人・国際薬膳食育学会にある認定資格は、特級師範・国際薬膳食育師1級・国際薬膳食育師2級・国際薬膳食育師3級になります。

薬膳マイスターの正式名称は国際薬膳食育師3級です。

薬膳マイスターの上位資格は、特級師範・国際薬膳食育師1級・国際薬膳食育師2級になります。

2)薬膳インストラクターの概要

薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違いは一般社団法人・日本能力開発推進協会の概要を知れば分かります。

薬膳インストラクターの認定資格を得るには、一般社団法人・日本能力開発推進協会の技能検定に合格する必要があります。

薬膳インストラクター技能検定受験には受験資格があります。

受験資格は、日本能力開発推進協会の指定講座を修了すれば取得できます。

日本能力開発推進協会認定の教育機関実施の全カリキュラムを修了して受験資格を得たのちに技能検定に合格すれば薬膳インストラクターとして認定されます。

薬膳マイスターよりはちょっと面倒です。

3)薬膳マイスターの概要

薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違いは一般社団法人・国際薬膳食育学会の概要を知れば分かります。

一般社団法人・国際薬膳食育学会の薬膳マイスター認定資格を取得するには、「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を修了する必要があります。

薬膳マイスター養成講座は通信教育講座なので、自宅でライフスタイルに合わせてマイペース学習ができます。

「がくぶん」の通信教育の薬膳マイスター養成講座での各課題や修了課題をクリアすれば、国際薬膳食育学会から国際薬膳食育師3級として認定されます。

薬膳インストラクター取得には、日本能力開発推進協会認定の教育機関実施の全カリキュラムを修了して受験資格を得て技能検定に合格しる必要があります。

薬膳マイスター取得には、国際薬膳食育学会の認定講座の「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を修了する必要があります。

通信教育の養成講座を修了して国際薬膳食育師3級資格を取得しませんか。





薬膳マイスターの魅力・メリット

薬膳マイスターの魅力・メリットは和漢膳の知識とノウハウを健康・美容食つくりに活かせることです。

薬膳を活かした美味しい美容食や健康食つくりを試しませんか。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座では和漢膳を学べます。

和漢膳とは日本人の味覚と体質に合わせてアレンジされた薬膳のことです。

日本人の体質と味覚に合う薬膳は生活習慣病予防・ダイエット・アンチエイジング効果のある料理つくりに役立ちます。

伝統と実績がある通信教育機関の「がくぶん」は初心者でもスムーズに学べる通信教育システムになっています。

「がくぶん」の通信教育の薬膳マイスター養成講座は、一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定講座です。

「がくぶん」の通信教育の薬膳マイスター養成講座を修了すれば国際薬膳食育師3級資格を取得できます。

次に、薬膳マイスターの魅力・メリットの紹介をします。

1)薬膳マイスター取得のメリット

薬膳マイスターの魅力・メリットは、日本人の体質と味覚に合う薬膳を食育や美容食・健康食つくりに活かせることです。

和漢膳の知識とノウハウを活かして、生活習慣病食・ダイエット食・アンチエイジング食・アレルギー改善食つくりしませんか。

薬膳マイスターの知識とノウハウは知育・徳育・体育の基礎である食育にも活かせます。

2)日本人に合う薬膳

「がくぶん」の通信教育の養成講座で取得する薬膳マイスターの魅力・メリットは和漢膳を習得できることです。

和漢膳は日本人の味覚と体質に合うようにアレンジされた薬膳です。

日本人の味覚と体質に合う和漢膳の知識とノウハウを活かせば、生活習慣病予防やアンチエイジング・ダイエット食つくりができます。

「がくぶん」の通信教育講座で日本人の味覚と体質に合う和漢膳を学びませんか。

3)「がくぶん」の通信教育

伝統と実績がある「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座は人気があります。

通学不要で講座時間が決められていないのでライフスタイルに合わせて学べます。

家事や育児に忙しい女性や会社勤務で通学制講座に通えない人でも通信教育講座であれば続けられます。

「がくぶん」で学ぶ薬膳マイスターの魅力・メリットはマイペース学習ができる通信教育講座であることです。

自宅でマイペース学習ができる通信教育講座で和漢膳の知識とノウハウを習得できます。

「がくぶん」の通信教育講座を修了すれば、一般社団法人・国際薬膳食育学会の国際薬膳食育師3級を取得できます。

「がくぶん薬膳マイスターの通信講座で日本人の味覚と体質に合う和漢膳を学びませんか。

「がくぶん」の通信教育の養成講座を修了すれば国際薬膳食育師3級を取得できます。






薬膳マイスターになる方法

家事や育児や会社勤務に忙しい女性が薬膳マイスターになる方法は、通信教育講座を活用することです。

薬膳マイスターとは、一般社団法人・国際薬膳食育学会が認定する国際薬膳食育師3級のことです。

国際薬膳食育師3級は薬膳マイスターの正式名称です。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座は、一般社団法人・国際薬膳食育学会認定講座です。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を修了すれば国際薬膳食育師3級を取得できます。

国際薬膳食育師3級は和漢膳の基礎知識とノウハウを習得していることを証明します。

国際薬膳食育師3級資格は「食」の仕事に活かせます。

和漢膳の知識とノウハウは、食育や生活習慣病改善食・アンチエイジング食・ダイエット食つくりにも活かせます。

薬膳マイスター養成講座で習得できる和漢膳の知識とノウハウは美容と健康に役立ちます。

次に、薬膳マイスターになる方法を紹介します。

1)薬膳マイスターになる方法

家事や育児に忙しい女性が薬膳マイスターの資格を取得するには通信教育講座をおススメします。

会社勤務が忙しくて通学制講座に通えない人も通信教育講座であれば,ライフスタイルに影響を与えないでマイペース学習ができます。

薬膳マイスター資格を取得する養成講座は、通信教育機関の「がくぶん」と一般社団法人・国際薬膳食育学会にあります。

どちらの通信教育講座を修了しても国際薬膳食育師3級を取得できます。

家事・育児・会社勤務で忙しい女性は通信教育講座を利用して資格を取得するのがベストです。

2)通信教育機関の「がくぶん」

薬膳マイスターになる方法は伝統と実績がある「がくぶん」を利用することです。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座はライフスタイルに合わせてマイペース学習ができます。

通学制の講座に通うのが難しい女性や、家事や育児が忙しくて通学時間がない女性におススメします。

スキマ時間を活用したマイペース学習ができる「がくぶん」の養成講座で和漢膳の知識とノウハウを学びませんか。

3)通信で学ぶ薬膳

薬膳マイスターになる方法はライフスタイルに合わせた通信教育講座で学ぶことです。

「がくぶん」の通信教育講座で学べる和漢膳は食育や健康食・美容食つくりに役立ちます。

通信教育講座ならば家事や育児のスキマ時間を利用して和漢膳の知識とノウハウを習得できます。

「がくぶん」の養成講座で東洋医学理論を基礎にした和漢膳を学んでください。

伝統と実績の「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座ならスキマ時間を活かしたマイペース学習ができます。

「がくぶん」の通信教育の養成講座を修了すれば一般社団法人・国際薬膳食育学会認定の国際薬膳食育師3級を取得できます。





薬膳マイスターの給料・年収・初任給

薬膳マイスターの給料・年収・初任給は期待よりも高いでしょうか?低いでしょうか?

薬膳マイスターの正式名称は国際薬膳食育師3級です。

国際薬膳食育師3級は一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定資格です。

一般社団法人・国際薬膳食育学会認定の「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を修了すれば取得できます。

通信教育機関の「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を修了するには、各課題と修了課題をクリアする必要があります。

国際薬膳食育師3級は民間資格です。

調理師や栄養士のような公的資格ではありませんが和漢膳の知識とノウハウの習得を証明できます。

和漢膳とは日本人の味覚と体質に合うようにアレンジされた薬膳です。

和漢膳の知識とノウハウがあれば、食育や健康食・美容食つくりに活かせます。

健康食には生活習慣病予防食などがあります。

美容食にはアンチエイジング食やダイエット食などがあります。

次に、薬膳マイスターの給料・年収・初任給について紹介します。

1)国際薬膳食育師3級の価値

国際薬膳食育師3級資格を取得しただけでは報酬はアップしません。

薬膳マイスターの給料・年収・初任給は一般社員と差はありません。

薬膳マイスター(国際薬膳食育師3級)資格を取得することで和漢膳の知識とノウハウの習得を証明できます。

和漢膳の知識とノウハウは健康食や美容食つくりに活かせます。

生活習慣病予防や改善に役立つ健康食つくりや、アンチエイジングやダイエットに役立つ美容食つくりに和漢膳を活かせれば「食」の仕事での価値も高まります。

多くの人に喜ばれる健康食や美容食つくりは報酬アップに繋がります。

2)健康食

和漢膳の知識とノウハウを活かした生活習慣病予防の健康食つくりができれば、薬膳マイスターの給料・年収・初任給はアップします。

薬膳マイスター(国際薬膳食育師3級)資格を取得しただけでは報酬はアップしません。

「がくぶん」の通信教育の養成講座で学んだ和漢膳の知識とノウハウを、生活習慣病予防の健康食つくりに活かしませんか。

生活習慣病とは脳卒中・心臓病・高血圧・糖尿病・脂質異常症・肥満などです。

3)美容食

和漢膳の知識とノウハウを活かしたアンチエイジングやダイエットの美容食つくりができれば、薬膳マイスターの給料・年収・初任給はアップします。

「がくぶん」の通信教育の養成講座で学ぶ和漢膳の知識とノウハウを、アンチエイジング食やダイエット食つくりに活かしませんか。

ダイエット食で肥満改善ができれば生活習慣病のリスクも下げられます。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を受講して和漢膳の知識とノウハウを学んでください。

和漢膳の知識とノウハウは、生活習慣病予防の健康食やアンチエイジングやダイエットに役立つ美容食つくりに役立ちます。





薬膳マイスターの1日のスケジュール(勤務時間)

薬膳マイスターの1日のスケジュール(勤務時間)は勤務している業界や働き方で変わります。

薬膳マイスターの正式名称は国際薬膳食育師3級です。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座は一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定講座です。

「がくぶん」の通信教育の養成講座を受講して各課題や修了課題をクリアすれば国際薬膳食育師3級を取得できます。

国際薬膳食育師3級(薬膳マイスター)の資格を取得すれば、和漢膳の知識とノウハウを習得している証明になります。

「がくぶん」の通信教育の薬膳マイスター養成講座で和漢膳の知識とノウハウを習得して「食」の仕事で活躍しませんか。

薬膳マイスターが活躍している「食」の業界には、外食業界・中食業界・給食業界・食品製造業界などがあります。

和漢膳は日本人の味覚と体質に合うようにアレンジされた薬膳です。

東洋医学の知識とノウハウを取り入れた和漢膳は、アンチエイジング食・ダイエット食・生活習慣病予防食つくりに活かせます。

和漢膳を活かした食習慣で健康美人になりませんか。

次に、薬膳マイスターの1日のスケジュール(勤務時間)を紹介します。

1)元気回復の病院給食

給食には病院給食や介護福祉施設給食や老人ホームの給食などがあります。

病院給食・介護福祉施設の給食・老人ホームの給食で活躍している薬膳マイスターの1日のスケジュール(勤務時間)は給食サービスや働き方で変わります。

「がくぶん」の通信教育の薬膳マイスター養成講座で和漢膳の知識とノウハウを習得して給食業界で働きませんか。

和漢膳の知識は、病院の入院患者・介護福祉施設利用者の給食つくりに役立ちます。

病院の職員・病院利用者・介護福祉施設職員利用の外食つくりにも役立ちます。

2)学校給食

学校給食つくりに活躍している薬膳マイスターの1日のスケジュール(勤務時間)は、昼食をメインにしたスケジュールになります。

昼食をメインにした学校給食サービスは、幼稚園・保育園・小学校・中学校・高等学校で提供されています。

学校給食サービスの仕事のスケジュールは就労スタイルで変わります。

基本的な就労スタイルは8時間のコアタイムを基本にしたパートタイムスタイルになります。

3)中食・食品つくり

中食や食品製造で活躍している薬膳マイスターの1日のスケジュール(勤務時間)は製造スケジュールに合わせた就労スタイルになります。

一般的な中食製造ラインや食品製造ラインのスケジュールは24時間フルタイムになります。

24時間フルタイム稼働している製造現場の就労スタイルは8時間をコアタイムにしたシフト制が多いようです。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座で和漢膳の知識とノウハウを習得して「食」の仕事に活かしませんか。

学校給食・病院給食・介護福祉施設の給食・中食・食品製造の仕事で活躍している薬膳マイスターもいます。





薬膳マイスターの求人・職種・勤務先

薬膳マイスターの求人・職種・勤務先は外食業界・中食業界・給食業界・食品業界になります。

薬膳マイスターとは国際薬膳食育師3級のことです。

国際薬膳食育師3級は一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定資格です。

国際薬膳食育学会が認定する民間資格ですが和漢膳の知識とノウハウを証明する資格になります。

国際薬膳食育師3級は「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座は一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定講座です。

伝統と実績がある通信教育機関の「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を修了すれば国際薬膳食育師3級を取得できます。

一般社団法人・国際薬膳食育学会には国際薬膳食育師3級の上位資格もあります。

特級師範・国際薬膳食育師1級・国際薬膳食育師2級などです。

国際薬膳食育師3級の上位資格を取得すれば、外食業界・中食業界・給食業界での「食」の仕事の幅も広がります。

「がくぶん」の通信教育の養成講座を受講して和漢膳の知識とノウハウを習得しませんか。

次に、薬膳マイスターの求人・職種・勤務先について紹介します。

1)人気の外食

薬膳マイスターの求人・職種・勤務先には外食業界があります。

最近の外食業界では美味しい料理だけでなく付加価値のある料理に人気が集まっています。

肥満改善のダイエット食や美肌に導くアンチエイジング食などです。

生活習慣病予防食や生活習慣病に悩む人の料理もあります。

和漢膳の知識とノウハウを活かしたダイエット食をつくりませんか。

内臓脂肪や皮下脂肪を原因とした肥満を改善するダイエット食は多くの女性が求めています。

2)高血圧や糖尿病対策の中食

薬膳マイスターの求人・職種・勤務先には中食業界があります。

生活習慣病で悩む中高年の増加から生活習慣病を改善する中食が人気です。

生活習慣病には脳卒中・心臓病・脂質異常症・高血圧・糖尿病・肥満があります。

肥満は高血圧や糖尿病他の生活習慣病のリスクを高めます。

和漢膳の知識とノウハウを活かして栄養バランスに優れた低カロリーの中食をつくりませんか。

高血圧や糖尿病や肥満に悩む中高年の健康サポートに役立つ美味しい中食つくりに和漢膳を活かしてください。

3)食育サポートの給食

薬膳マイスターの求人・職種・勤務先には給食業界があります。

病院や介護福祉施設では元気回復食が求められています。

学校では知育・徳育・体育のベースの食育をサポートする給食が求められています。

「がくぶん」の通信教育の養成講座で学んだ和漢膳の知識とノウハウを給食つくりに活かしませんか。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座で和漢膳の知識とノウハウを学んで、一般社団法人・国際薬膳食育学会の国際薬膳食育師3級を取得しませんか。

「がくぶん」で学んだ和漢膳を活かして、肥満改善のダイエット効果のある外食は人気があります。

高血圧や糖尿病や肥満などの生活習慣病を改善する中食が求められています。

知育・徳育・体育のベースの食育に役立つ給食つくりをしませんか。





薬膳マイスターの仕事内容

薬膳マイスターの仕事内容和漢膳の知識とノウハウを活かした料理つくりや和漢膳の普及サポートなどです。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座で学ぶ和漢膳は日本人の味覚や体質に合うようにアレンジされた薬膳です。

日本人に合う和漢膳を活かした健康食や美容食つくりをしませんか。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を修了すれば国際薬膳食育師3級資格を取得できます。

国際薬膳食育師3級は一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定資格になります。

一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定資格には、特級師範・国際薬膳食育師1級・国際薬膳食育師2級・国際薬膳食育師3級があります。

国際薬膳食育師3級は和漢膳の基礎知識とノウハウの習得を証明します。

「がくぶん」の通信教育の養成講座で国際薬膳食育師3級を取得したら上位資格にも挑戦してください。

次に、薬膳マイスターの仕事内容を紹介します。

1)薬膳を活かした仕事

日本人の味覚や体質に合うようにアレンジされた和漢膳を活かした「食」の仕事で活躍しませんか。

和漢膳の知識とノウハウを活かせる「食」の仕事は、外食・中食・給食・食品製造の業界にあります。

和漢膳の知識とノウハウを活かした美味しい外食・中食・給食でたくさんの人を喜ばせてください。

和漢膳の知識とノウハウは健康食や美容食つくりに役立ちます。

健康や美容効果のある付加価値のある外食・中食・給食を、生活習慣病予防・アンチエイジング・ダイエットに役立ててください。

2)薬膳とアンチエイジング

薬膳マイスターの仕事内容にはアンチエイジングに役立つ美容食つくりがあります。

アンチエイジングに役立つ美容食つくりに和漢膳の知識とノウハウが役立ちます。

シミ・くすみ・たるみ・弾力不足肌などの年齢サインや年齢肌の改善に薬膳の知識が役立ちます。

年齢サインが目立つ年齢肌が気になる前に美容食でスキンケアしてください。

アンチエイジング効果のある美容食でカラダの内側からスキンケアしませんか。

「がくぶん」の通信教育の養成講座で学ぶ和漢膳の知識とノウハウが役立ちます。

3)薬膳とダイエット

薬膳マイスターの仕事内容には生活習慣病改善にも効果のあるダイエット食つくりがあります。

内臓脂肪や皮下脂肪が原因の肥満は生活習慣病です。

和漢膳の知識とノウハウを活かしたダイエット食で肥満改善しませんか。

肥満は生活習慣病の心臓病・脳卒中・高血圧・糖尿病・脂質異常症のリスクも高めます。

日本人の味覚と体質に合う薬膳を活かしたダイエット食で肥満改善してください。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座で学ぶ和漢膳の知識とノウハウは、外食・中食・給食つくりなどの「食」の仕事に役立ちます。

生活習慣病のリスク低下にも役立つアンチエイジング食・ダイエット食は多くの人に喜ばれます。